日経アーキテクチャ 1992-6-8 (432)

日経アーキテクチャ 住宅選集’92

建築文化 1992-7

建築文化 住宅年鑑’93

新建築 住宅特集 1992-7

室内 1992-8(452)

彰国社 家づくり図集2

新日本法規 現代住宅設計モデル集1

 

敷地は10.6坪という狭小敷地である。

そこにほぼ敷地一杯に建っている。

建ぺい率は、5本の円筒形を縦方向に貫通させて建築面積に入らないようにすることでクリアした。

円筒形の内部に照明を仕込み、行燈にした。

室内の照明はこの行灯だけで、天井照明は無い。

それがいい感じだった。壁照明は人の表情を優しいものにする。

3階建てだが延べ面積は61㎡で、面積が足らずに金融公庫の融資が受けられない。

前面道路は車の進入が規制されていたので、1階の道路面を近隣とのコミュニティの場とし、縁台を設けた。

近隣の家は皆サッシで閉ざしたファサードでコミュニティが喪失してしまっていたが、ふたたび昔の良き下町の復活を願った。

毎日新聞